越後で暮らす

新潟在住30代サラリーマンのブログ。株式投資やネット副業で資産を増やす過程を書いてます。

高校から大学卒業までの教育費は1,000万円以上だって!?子供の教育費のこと

      2017/01/04

先の記事でも書きましたが、子供が生まれました。
今まで自由気ままな生活を送っていましたが、子供が生まれてから急に色んな責任を感じるようになりました。

まだ生まれて間もないので、子供にかかる費用といえば、ミルク代とオムツ代といったところでしょうか。
まぁ、光熱費も少しアップしているでしょうね。

でも、それらの費用といっても、日々の生活を圧迫させるほどではありません。
むしろ、児童手当がもらえているので、プラス収支かと思います。

なので、まだ今はお金のプレッシャーは然程感じていませんが、これから保育園・幼稚園、小学校と進むにつれ、子供にかかるお金は年を追う毎にかかってくると思われます。
その時になって慌ててお金を工面するようでは、きっと自分たちの家計が回らないと思いますので、今からしっかり準備しようと考えています。

スポンサーリンク

教育資金とは、ほぼ「大学進学」のこと言う

小学生から高校生までも、当然教育費がかかるわけですが、大学生の学費は桁違いです。
基本的には、皆さんその時点での稼ぎで賄えるものではなく、資金を貯めて準備しておくものです。

実際に、一番お金がかかる「高校〜大学卒業」までの教育費の参考値を調べてみました。

高校1年 146万2000円
高校2年 94万5000円
高校3年 94万5000円
高校合計 335万2000円
大学1年 249万9000円
大学2年 152万4000円
大学3年 152万4000円
大学4年 152万4000円
大学合計 707万1000円

なんと、高校から大学卒業まで、1042万3000円!!
まじっすか!!
今から準備しても間に合うか不安なレベルの額で、正直びっくりです。

でもまぁ、焦るなかれと。
児童手当も中学生までもらえることもあるし、しっかり計画的に運用すれば絶対大丈夫なはずだ。
早急にプランを立てて、運用を開始しよう。

とりあえず参考書を幾つか買ってみようと思います。
またプランが決まったらブログに書きたいと思います。

 - 家計簿の話