越後で暮らす

新潟在住30代サラリーマンのブログ。株式投資やネット副業で資産を増やす過程を書いてます。

男は一度は一人暮らしをしたほうがいいと思う

      2017/01/04

高校生の頃、担任の先生が入っていたのを思い出しました。
「男は一度は一人暮らしをしたほうがいい」

私もこれまで10年以上一人暮らしをしてきましたが、その言っている意味がよくわかるようになってきました。
なぜ一人暮らしがいいかというと、まず第一に言えるのが自立心が高まるんですよね。

スポンサーリンク

一人暮らしをすると、色んなことを一人でやらなくてはいけません。

  • 家賃や光熱費がかかるので稼がなくてはいけない
  • 引越しをしたら役所に赴き、手続きをしなくてはいけない
  • 掃除洗濯を自分でしなくてはいけない
  • 料理を作らなくてはいけない
  • etc・・・

いくつか思い当たることを列挙してみましたが、どれもお金がかかるし面倒くさくて仕方ないものですよね。
でもこれらを経験することによって、今後自分主体で生きていくことのスキルが殆ど養えると思います。

一人暮らしをすれば、生活が厳しくなるのでお金に敏感になります。
「節約しないと!」「豊かに暮らすためにお金を稼がないと!」など、実家暮らしの人に比べてお金に関して非常にシビアになります。
実際、僕の周りの友達を見てみると、実家暮らしの人たちは楽で安い給料の仕事に就いている人が多く、その一方で一人暮らしをしてきた人たちはそれなりの仕事について結婚して自立している人が多いです。

実家暮らしは楽だしお金も貯まるイメージが強いと思います。
でも、その楽チンな生活にどっぷりはまっていると、気付いてみれば「このままじゃマズイぞ」と思う日がいつの日かやってくると思います。
当然、実家暮らしでもしっかりやっている人たちもいるかと思いますが、どちらかというとヌルイ意識を持った人の方が多いと思ってます。
社会は厳しいものです。自分で生きていくために、一度は一人暮らしをした方がいいと僕は思ってます。

 - 日常の話