越後で暮らす

新潟在住30代サラリーマンのブログ。株式投資やネット副業で資産を増やす過程を書いてます。

引越業者はどこもブラックらしい

      2017/01/04

今日、引越業者に見積もりで来てもらいました。

来てくれた営業マンは、今年入社の新人さんでかなり若かったです。

 

色々話しているうちに、引越業界の話になり、「ウチ、結構なブラックなんですよ。もう辞めたいです。」と、思いもしない発言をかましてくれました。

料金が高くて心の中では断りを決めていたのですが、彼のぶっちゃけ発言で思わず同情して、”彼も大変なんだな”と少し助けたくなってしまいました。

でも結局のところ、料金が最優先ですので、断る事にしました。

 

聞かずしても分かってましたが、やっぱり引越業者はブラックなんですね。

引越業者や運送会社って、年がら年中求人が出ているので、入っては辞めの繰り返しなんですかね。

 

聞くところによると、給料が一番いいのは現場スタッフで、その次に店長、その次に営業の方々らしいです。

現場スタッフは1日の仕事量は決まっているので、その日の作業が終われば家に帰って一杯やれるけど、営業は朝早くから夜遅くまで働かされても、給料が一番低いそうです。

 

いや〜辛いっすね。

私も新卒でブラックな会社に入って、心身ともに大分疲れましたので、彼の気持ちも良く分かります。

日本って、本当にブラックな会社が多いですよね。

大企業だからって良い会社ばかりじゃ無いんですから。

日本の「長時間働くのが美徳」というアホな風潮は本当にいらないです。

 - 日常の話