賃貸物件で欠陥があれば、遠慮せずに不動産会社に言ったほうがいい

記事をシェアしていただけると嬉しいです

先週引越しを済ませ、だいぶ荷物も片付いてきました。

新しいアパートですが、1週間住んだところ、あちこち欠陥が見つかってしまいました。

今まで見つかったものは、ざっとこんな感じです。

  • ウォシュレットが壊れている。
  • シャワーのヘッドが割れていて、首から水漏れしている。
  • 洗濯機用の蛇口が緩くて水漏れしている。
  • 倉庫の鍵が全然閉まらない。
  • 洋室のドアの建て付けが悪く完全に閉まらない。部屋の中の窓を開けていると、風邪でバタンバタンと開いたり閉まったりして超うるさい。しかも2部屋!
  • 網戸のレールがおかしくなっていて、全然開け閉め出来ない。
  • 洗面所のドアの建て付けが悪く、風邪が吹くとひたすらバタバタいって超うるさい。

もう、なんやねんって感じです。

築9年くらいの物件ですから、経年劣化するのは仕方ないとしても、新しい入居者が入る前にチェックしないのかね?って感じです。

それぞれの設備がちゃんと機能しておらず、これじゃ7万の家賃を払う価値はありません。

それらがちゃんと機能して揃っている事を前提で契約したんですから。

当然不動産会社に文句を言いました。

するとすると、意外と仕事が早く、すぐに工務店に連絡を入れて、今日直しに来てくれました。

ウォシュレットとシャワーヘッドは新品に交換してくれて、建て付けが悪い箇所も手際よく、ちゃっちゃと直してくれました。さすがプロ!

ここで仕事が遅くて、「業者が来るのが2週間後で〜」なんて言われたら怒っていたかもしれません。でも、ちゃんと陳謝して、直ぐに業者を手配してくれました。その点は好感が持てました。

賃貸だからといって、何か不具合があったら泣き寝入りする必要はないと思います。

大体の不動産会社は言えばちゃんと直してくれるはずです。

向こうだって、設備がちゃんと機能していないのなら、直す義務がありますからね。

(実際にお金を出しているのは大家さんだと思いますが)

とりあえず不具合は収まったので、良しとしましょう。

スポンサーリンク

記事をシェアしていただけると嬉しいです

スポンサーリンク