越後で暮らす

新潟在住30代サラリーマンのブログ。株式投資やネット副業で資産を増やす過程を書いてます。

5月の給料公開!新潟県30代前半サラリーマンの給料事情

      2017/01/04

こんばんは、越後リーマンです。

今月も給料明細を頂きましたので、公開したいと思います。

 

新潟の地方部に住む30代前半のサラリーマンの給料が、一体どれくらいなのか興味がある方はご覧ください。

「田舎もんの安月給なんて興味ないわ!」って方は・・・、いや是非見てってください(笑)

 

その前に、簡単に自分のスペックを紹介したいと思います。

 

  • 32歳
  • 奥さんと二人暮らし
  • IT系の会社に勤務

 

まぁ、ごくごく普通のサラリーマンなんです。

酒タバコ、ギャンブルもせず、お金を増やすことを考えるのが趣味の人間です。

 

さて、前置きはこのくらいにして、メインの給料公開に行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

5月の給料はこんな感じ

スクリーンショット 2015-05-20 23.41.41

※前の年は半分以上働いていなかったんで、引かれるものが少ないです

支給額が314,000円で、44,304円が控除されて、269,696円が今月の手取りです。

やった、先月より1万円アップしてるじゃん!

 

これは金持ちの人間にとっては小さな一万円だが、私にとっては偉大な一万円である。

越後リーマン

かの有名なアームストロング船長もこんなセリフは・・・、言ってませんね。

いや、僕にとっては大きな1万円なんですよ。

1万円アップすれば、家計がかなり助かりますもん。

新潟の給料は安い

新潟県というと日本海側では割と栄えている県なのですが、給料がいいかというと、そうではないんですよね。

転職サイトのDODAに新潟県の平均年収が載っており、年齢関係なく全体的に384万円だそうです。

農業をしている人も多いですし、いい給料が望める大企業も少ないですし、正直お金が稼げる県ではないです。

富は都会に集まっていくものなので、田舎で平々凡々と暮らしていては金持ちにはなれません。

データを見ると、300〜400万円が多いですが、これだと結構厳しいですよね。

もし大黒柱がこの給料でしたら、奥さんにも働いてもらわないと家計が回らないでしょ。

給料が安いとボヤく人が多い

僕の周りの人間も、給料が安いとぼやいている人が結構います。

まぁ確かに僕の同級生で、手取りが15万円くらいって人もいますが、それはいくらなんでも安すぎです。

早く転職すればいいじゃんと何度も言ってますが、面倒臭がってずっと居座っているようです。

そこで言いたいのが、「いくらボヤいても給料は上がらんよ」って事です。

僕は給料以外にも収入を増やそうと、積立投資をやったり、こうやってブログを書いたりと、いろいろ頑張ってみようと努力しています。

行動しなければ、そりゃ当然として結果は出ないので、今の環境が続くだけです。

なんで皆んなそこに気付かないで、ラクな毎日を送ってるのかな〜?

意外とみんなそこまで不安に感じていないのだろうか?

最後に

新潟県の32歳サラリーマンの給料明細はどうでしたでしょうか?

普通? 少ない?

まぁ、多かれ少なかれ給料で家計をやりくりしなきゃいけません。

少ないんだったら、節約したり副収入を増やしたりと、色々と頑張れると事はあると思います。

ちなみに僕はその全部を頑張ろうと思います!

まだまだ先が続く人生ですから、今のうちに頑張って、後でラクしてやろうと思います。

「アリとキリギリス」のアリの気持ちで頑張っていきます。

ではまた。

 - 毎月の給料, 給料の話