越後で暮らす

新潟在住30代サラリーマンのブログ。株式投資やネット副業で資産を増やす過程を書いてます。

そろそろNHKの集金シーズンですね。そもそも受信料の支払いは義務?

      2017/01/04

3〜4月は最大の引越しシーズンで、引越し業者が儲かっている傍ら、NHKの集金部隊も活発に活動しますよね。

我が家もNHKの受信料は払っていないので、また今年も来ることでしょう。

NHKの受信料支払いは義務?それとも任意?気になるので調べてみました。

 

スポンサーリンク

NHKは義務と言っているが、実はあやふや

NHKのHPには以下のように書いてありました。

受信契約の義務
受信契約は、してもしなくてもいいというものではありません。放送法(NHKのサイトを離れます)という法律で定められた義務です。
【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】
第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

(出典:NHKホームページ

NHKの言い分は、テレビ等の受信が出来る機器を設置している場合は、放送法第64条の1〜2行目の文のみを基に支払いは義務だと言っている様です。

でも、2〜4行目の文を読む限り、NHKの受信を目的としていないなら、全然義務じゃないじゃんと解釈できます。

 

NHKの籾井会長も、「義務化できれば素晴らしい」と言っているくらいですから、完全なる義務だとは自身も思っていないんでしょうね。

 

やり方がセコイ

NHK側は、「24%の家庭が受信料を払っておらず、公平ではない。罰則もないので法で定めて欲しい。」なんて言ってますが、見たくもない人に無理やり契約させて受信料を取るなんて、常識的に考えてオカシイでしょ。

公平ではないのなら、払っていない人には観せないように様にすればいいじゃんと思いますが、そうしたら殆どの人が観なくなって収益が減るのも分かっているから、そうしたセコイやり方を続けているんでしょうね。

同じ受信料を取っているWOWWOWやスカパーは、スポーツや映画の放映権を買って、CMで広告を流し、努力をして顧客を獲得しているのに、国営放送でもない公共放送のNHKだけがそのような権利を主張するのはズルいと思います。

 

集金人も非常識な人が多い

あと、NHKの集金人って非常識な人が多いですよね。

うちにも夜9時以降に集金に来る人も結構いました。

普通に考えて、そんな夜遅い時間に来るなんて非常識極まりないですよね。

 

非常に参考になるブログがあったので紹介したいと思います。

集金人(地域スタッフ)が来た時の対峙法|元NHK地域スタッフが語る受信料について

ここには、集金人が来た際の上手い対処法が載っており、さすがだな〜といった感じです。

 

テレビの有無の質問に「答える義務はない!」

確かにそうですな。

 

「帰れ」と言って帰らない相手は刑法第130条の不退去罪にあたるので、遠慮なく110番。

へぇ〜勉強になります。

 

観てもいないにも関わらず受信料を強制的に支払わせようとするし、非常識な訪問をする輩が多いNHKは毛嫌いされるのも仕方ない気もします。

努力して改善する姿勢はないのでしょうか。

 

まとめ

こんなやり方を続けるのであれば、近い将来NHKは受信料が取れなくなり、運営が厳しくなるのではないでしょうか。

もっと真っ当なやり方でやらないと、そりゃ叩かれますよ。

それに気付いてないのであれば、本当にお粗末さんですな。

 - 日常の話