越後で暮らす

新潟在住30代サラリーマンのブログ。株式投資やネット副業で資産を増やす過程を書いてます。

家計簿の黄金比率とは?

      2017/01/04

kakeibo

ネットでこんな記事を見つけました。

「理想的な支出の割合」を知ってしっかり貯蓄できる家計になろう!(ZAIオンライン)

 

これまで8,000人以上の赤字家計を再生してきたと言われる、横山光昭氏の記事でした。

街の本屋でよく見かける「年収200万円からの貯金生活宣言」の本で有名なあの方です。

 

家計費の理想的な割合の表が載っていたので、早速うちの家計簿(予算)と比較してみました。

 

スポンサーリンク

夫婦二人の理想的な家計

 

家計簿内訳理想の割合理想の金額我が家の割合我が家の金額
手取り100%30万円100%25万円
食費15%4万5000円12%3万円
住居費25%7万5000円27%6万7500円
水道光熱費5%1万5000円5%1万2500円
通信費6%1万8000円2.9%7186円
保険料4%1万2000円3%7520円
趣味・娯楽費3%9000円1.2%3000円
被服費3%9000円1.2%3000円
交際費2%6000円1.2%3000円
小遣い12%3万6000円14%3万5000円
その他3%9000円0%0円
貯蓄20%3万4000円24%6万円

そもそも手取りが違うので、金額では比較出来ません。

なので、比率で見比べるのがいいですね。

 

比較してみて

手取り・・・高給取りですなぁ、うらやましい。というか、奥さんのパート代は家計に入れてくれないので、シングルインカムなんですよ。

食費・・・うちの方が3%低いです。むしろうちの実績は2万5000円くらいですよ。

居住費・・・うちの方が2%高いです。確かに田舎にしては高すぎです。次回の更新時に要検討項目です。

水道光熱費・・・同じ比率です。

通信費・・・うちの方が3.1%低いです。通信費はもっともっと下げられますよ。以前に書いた記事を参考にしてみてください。

(参考記事:我が家のインターネット

(参考記事:【節約】妻の携帯代

保険料・・・うちの方が1%低いです。これはクルマの保険料です。生命保険には入っていません。

趣味・娯楽費・・・うちの方が1.8%低いです。9000円もあったら好きな音楽CDが6枚も買えちゃうなぁ。いいなぁ・・・。

被服費・・・うちの方が1.8%低いです。2か月に1回髪を切るくらいで、服は殆ど買う事がありませんから。

交際費・・・うちの方が0.8%低いです。たまに会社の飲み会で使う位です。

小遣い・・・うちの方が2%高いです。奥さんに2万5000円も渡しているのがデカいです。パートで稼いでいるのに、こんな高い小遣いをせびるなんて・・・

その他・・・うちの方が3%低いです。てか、その他ってなんだ?ちゃんとした家計簿を作れば、その他なんてないと思うのは私だけ?

貯蓄(投資)・・・うちの方が4%高いです!!比率も金額も勝ってます。ネット副業のお金も投資に回しているので、もっと高いはずです。

 

今さら気づきましたが、うちの比率を合計しても100%にならない・・・

うちの家計簿はもっと細分化しているので、当てはまらない箇所があるので仕方ないとします。

 

まとめ

殆どの項目でうちの方が支出が低く、投資(貯蓄)への割合が高かったです。

ですが、これはあくまで「一般的な」家計簿としてみて、諸先輩ブロガーの様にもっともっと節約すべきだと思っています。

世間では、こんなに緩い家計簿もクリアできず、貯蓄が出来ない人が沢山いるのは驚きです。

ちょっと探せば、生活の質を落とさずに節約できる方法が沢山あるのに、面倒臭がって実践しないのは自分の首を絞めているのと一緒です。

目先のラクを追い求めるのではなく、将来のラクを得るために、今を少し頑張って投資資金を捻出して、長期分散投資で世界経済とともに資産を増やしていくのが私のやり方です。

今ラクをした人が10年後20年後にヒーヒーハーハー言っている頃に、自分達は趣味の旅行に気軽に行けるような余裕ある生活を目指していきます。

 - 家計簿の話